マンションオーナー様

家具家電付きで部屋を貸すと

マンションのオーナーにとって頭を悩ませることの筆頭といえば、空室対策です。ほかのマンションとの違いを設け、付加価値を感じてもらうにはなんらかの対策が必要ですが、部屋に最初から家具と家電を備え付けるという方法があります。エアコンはたいていどこも付いていますが、家電で付いているものといえばそれくらいでしょう。暮らすとなれば最低でも電灯がないと明かりがつきませんし、冷蔵庫や洗濯機はすぐにでも必要です。これらをあらかじめ備え付けておくことで、これならすぐに暮らせるという人が入居してくれるメリットが生まれます。

生活するにあたって必需品の家電と家具

マンションオーナーは、家具家電付きであることを前面に打ち出して物件をアピールすることで、ここを選んでみようかなと入居者を増やすことができます。これは、空室対策にもつながる大きなメリットです。生活必需品の家電は、先に挙げた冷蔵庫や洗濯機、部屋の電灯のほかにも、調理用家電として小型のIHクッキングヒーターや電子レンジ、炊飯器があると、一人暮らしならほかに何もいらないといってもよいでしょう。より魅力を感じてもらうなら、1分もかからずにお湯が沸かせる電気ポットなどがあれば、快適と感じてもらえるはずです。娯楽面ではテレビだけでもよいですし、レコーダーがあればさらに便利になります。家具についてはベッドとダイニングテーブルにチェア、物を片づけられる棚やチェストなどを揃えておけば、一人暮らしの部屋は完璧です。家族向けであればソファセットを置くことでリビングも魅力的に見えます。

レンタル家電と家具の活用

これらの家具と家電をすべてレンタルで揃えるとなると、オーナーの負担はかなりの額になりそうに思えてきて、本当にメリットがあるのだろうかと感じるかもしれません。けれど、実際にはさまざまなメリットがあります。先に述べたマンションへの入居そのものを魅力的に感じてもらえることで入居者を掴めるわけですから、入ってもらうことがまず大前提という条件をクリアできるのです。
入居にあたってエアコンが付いていることをウリにしても、前の人が使っていたエアコンはイヤという人は少なくありません。レンタルで揃えておけば、前の人が退出した時点でいったんレンタル会社に返却し、次の入居者が決まった時点でまた取り付けることができます。レンタルしたものはきれいに清掃されていますので、入居者にとっては新品同様の気分で使えますし、これと同じことは使っていくうちに汚れてくる洗濯機や冷蔵庫にも当てはまります。最近ではあらゆるものにおいて、前の人が使っていたものに抵抗を感じるという人が少なくなく、すべてを揃えていつでも使えるように購入したとしても、それが逆に嫌がられる可能性が高いのです。これは家具にも当てはまることですので、退出した時点ですべての家具家電を返却し、好みに応じて揃えられるようにすれば、新しいものを用意してくれることに喜ばれ、入居につながるメリットをもたらします。

レンタルで設備費用を削減

家具家電付きをウリにして物件入居者を募集する場合、すべて備え付けてしまうと、家具家電を含めたすべてがオーナーの管理下に置かれることになります。さまざまな家電が動かない、家具が壊れてしまったといった事態にいちいち対処するのは大変です。中には手荒に使い、すぐに壊してしまう人もいるかもしれません。
入居にあたって家具、家電は大切に使い、本人の不注意による破損や故障は賠償の対象にしておくことが大切ですが、普通に使っていても動作不良を起こすことがあるのが家電の宿命です。そんなとき、レンタルなら不良品をすぐに引き取り、新しいものを持ってきてくれる場合や修理に来てくれる可能性が高いでしょう。家電量販店などでは修理に時間がかかることが珍しくありませんし、不良品の交換もスムーズにいかないことが大半です。さまざまな人が使うために壊れる可能性が高い家電は、その一方で壊れると非常に不便になるため、迅速な対応をするためにもレンタルが適しているのです。結果的に不要な設備投資を抑えることにもなり、設備費用を削減することにつながります

お問合せフォーム

必須 法人名


必須 担当者名


必須 電話番号


必須 メールアドレス


必須 住所


任意お問合せ