家具レンタル

家電と家具をレンタルすることでメリットが大きい企業

企業によっては、日本全国に支店や店舗を展開している場合、数年スパンで社員をあちこちの支店や店舗へ異動させ、さまざまな経験を積ませることによっていずれは会社経営に携わる人材を育成したいと考えることがよくあります。
あるいは個人経営ではあるものの規模の大きい病院やホテルに旅館といったサービス業の企業であれば、従業員が速やかに出勤できるようにマンションを一棟借りるなどして、住まいを提供することが少なくありません。入居者は独身、または単身赴任がほとんどのため、一人で暮らすのに必要な家具と家電を、企業として提供する住まいに設置しておく必要があります。

福利厚生施設を持つ企業

福利厚生施設として、観光地などに建物を所有している企業では、これらの施設を利用する社員のために快適に過ごせる環境を整えておく必要があります。住まいの場所を提供する場合とは違い、休日を過ごしに訪れる施設になるため、そこそこ大きなテレビや冷蔵庫などの家電に、リビングダイニングなどからベッドといった家具も、施設の規模に応じて整えておかなければなりません。

家電レンタルのメリット


単身者に経験を積んでもらうために勤務地を異動させ、企業として用意したマンションなどに住んでもらう場合は、引っ越してすぐに使える家電が必要です。冷蔵庫や電子レンジ、テレビに洗濯機などが主な家電となりますが、人事異動発令にあたって各地に設けた企業専用のマンションに、絶対に社員が入るとは限りませんので、入ると決まった時点で、レンタルで家電を整え、退出する部屋からレンタル家電を返却すると、効率よく社員のための住環境を整えられます。

福利厚生施設についても、誰もいないときに家電を置いておくことによって自然発火などで建物焼失といったリスクを避けるために、利用しないときは一切置かないという選択のほうが安心です。たいていの場合、福利厚生施設の利用にあたっては事前に申請が必要ですので、申請があった時点でレンタル会社に家電を運び入れてもらい、利用が終われば引き上げてもらうことで、福利厚生施設に整えておく家電の費用も抑えられます。レンタルなら最新のものを運び込めるとあって、社員も喜んでくれるでしょう。

まとめ

このように、企業が家電と家具を必要とする代表的な場所2つからわかってくるのは、社員に対する福利厚生という点において大きなメリットを生み出すことです。快適な家電と家具を提供することが社員のモチベーションをアップさせ、よりよい仕事環境を生み出していくというのは、企業にとって大事な社員を手放さずに済むというメリットにもつながります。そのためのメンテナンスがいらないとなれば、レンタル利用のメリットはかなり大きいのは確実です。

関連記事一覧