家具レンタル

家電家具おレンタル利用者が増えている理由

近年、家電や家具といった生活に必要なものをあえて購入せず、レンタルで済ませる人が増えてきています。レンタルで何もかも揃うようになったことが一番の要因ですが、レンタルを利用することで生まれるメリットがあると気付いたことも大きな要因です。レンタルを利用する人に共通する理由は、レンタルしたほうが節約ができることと物を増やすことなく生活ができること、さらには物を減らしたうえで増やさないでいられることの3つが大きな要因として挙げられます。

節約でのレンタル利用

節約目的で家電と家具のレンタルを利用するケースで多いのは、限られた期間だけ必要とする学生や単身赴任をする場合の一人暮らしです。学生なら4年間、単身赴任もあらかじめ2年などといった具合に期間がわかっているのであれば、一人暮らしに適した家具や家電を買うと、家族と再び暮らすようになったとき、一人分では使い道がないということがほとんどです。一人分に適したサイズの冷蔵庫や洗濯機でも、持ち帰るとなれば大変ですし、持って帰っても置き場所もありません。電子レンジや炊飯器、IHクッキングヒーターといった調理用家電もすでに家にはありますので、買ったものを持ち帰ってもしまい込んでおくのが関の山です。費用をかけて持って帰っても、無駄なお金の使い方といえるでしょう。
一人暮らしをするにあたって、これらの家電をまとめて買うときの費用もかなりの出費になることを思うと、1年ごとなど期間によって借りられるレンタルプランを利用すれば、まとまった出費を抑えられます。数年間で用済みとなるなら、買うよりもレンタルがお得なのは明らかですので、転勤族でしばしば引越しをする人も、一人暮らしのケースと同じことがいえます。

物を持たないミニマリスト

若者を中心に、物を持たずに暮らすミニマムな生活を送るミニマリストと呼ばれる人たちが増えています。たいていは一人暮らしのため、彼らの部屋には必要最小限のものしかなく、家具ならベッドとコンパクトな洋服ダンス、一人用のテーブルとチェアくらいです。料理も炊飯器でご飯を炊くのではなく、電子レンジで何もかも調理するため、炊飯器はもちろん、IHクッキングヒーターもありません。お湯を沸かすのも電子レンジでできますし、電子レンジで調理できる食材を買ってくれば料理に必要な調理機器も必要ないからです。
こうなると、ミニマリストの部屋にはごく限られた家電と家具しか必要がなく、レンタルで十分というのも納得できます。
電子レンジを酷使することになることを思えば、壊れたらすぐに新しいものと交換してくれるレンタルは、いちいち自分で買いに行かなければならない家電量販店で手に入れるよりも効率がよいという点も、ミニマリストにとってはよいのでしょう。物を持たないことを基本としているだけあって、場合によってはレンタルしていた品を返して、さらにものを少なくする可能性もあり、持ち物の量を自由自在にコントロールできるレンタルは、ミニマリストの生活を支えているといっても過言ではありません。

高齢者にも最適

就活ならぬ終活と称し、持ち物を自分自身で少しずつ処分し始める高齢者が増えています。ただ、高齢者の多くがもったいないという気持ちを持つ傾向が強いことから、古いタイプの家電を長く使っていることが珍しくありません。家電の寿命はだいたい10年というケースがほとんどで、それ以上使っていると思いがけない事故が起こります。たいていは電気コードからの出火などで、時には家を燃やしてしまうほどの火災の原因になることもしばしばです。
もし、高齢の家族から、家電が壊れたといった相談をもらった際や家に行って古い家電を今も大事に使っていたら、レンタルに切り替えるのを勧めるとよいでしょう。借りることに難色を示したら、不具合が生じたときにはすぐに飛んできて修理をしてくれて、場合によっては違うものを取り付けてくれるから、家電店よりも便利だといえば、心動かされるでしょう。わかりにくさから家電を壊すことも少なくない高齢者にとって、壊れたらすぐに交換してくれるのは魅力的だからです。同様に、古い家具も処分してレンタルに変えれば、いらないとなったらすぐに引き取りに来てくれるという点に魅力を感じてくれると考えられます。

まとめ

これら家電と家具のレンタルが増えてきている3つの理由を、それぞれで詳しく見ていくと、いずれの場合にも共通しているのが、必要な物を必要なときに、必要な期間だけ使えることに魅力を感じている利用者が多い点です。これらの要素がレンタル利用者を増やしている最大の理由であり、買いそろえないことが節約になるのに加えて、不要になった家電を処分する必要もなく、地球環境にとってもエコです。物を持つことに対する考え方の違いはあれど、レンタルの利用によってそれぞれが求める条件を満たせることに違いはないとあって、家具と家電のレンタル利用者が増えています。

関連記事一覧